« 基礎工事② | トップページ | 換気システム »

2017年10月26日 (木)

1F床組

島根県雲南市

K様邸新築工事

いよいよ大工さんが現場に登場しました!

一階床組状況の写真です。

S__8355843_2




イシンホームが建てる家は、耐震構造+減振摩擦工法を組み合わせた家が標準となります。

減振摩擦工法とは、土台と基礎の間に減振ブレーキを施工した工法で、「地震力、加速度、層せん断力が半減」する装置を設ける工法となります。

減振は阪神大震災や熊本地震のような大きい地震のみ効果を発揮し、揺れを軽減します!

地震の大きさにもよりますが、阪神大震災クラス800galの地震でもおよそ400gal前後まで抑えることができます。

※ガル(gal)とは地震の揺れの強さを表すのみ用いる加速度の単位

免震と言う工法もありますが、コスト面を考えると一般住宅にはオススメできません。

K様邸の土台下にもこの減振ブレーキ装置が100個以上設けられています!

次回は、床下に設ける省エネについてリポート致します。

※減振摩擦工法を詳しく知りたい方は、弊社へお問い合わせ下さい。

« 基礎工事② | トップページ | 換気システム »

無料ブログはココログ